×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイ国際航空はタイ王国の代表航空会社

タイは、東南アジアに位置する仏教国で、旅の楽しみ方は数多い寺院や遺跡巡りなどがありますが、綺麗な海や海岸に恵まれているため、ブーケット島などのリゾート地が数多く開発されています。
このリゾート地では、マリンスポーツなどが気軽に楽しめますし、またタイ料理に代表されるグルメやタイ式マッサージなど楽しんだり出来ることで、世界主要都市から首都のバンコクやリゾート地へ直行便が就航しており、観光に訪れる人も多い国のひとつになっています。
タイ国際航空は、この様に観光地として世界でも人気の高い東南アジアのタイ王国の首都バンコク郊外にあるスワンナプール国際空港を拠点といるタイ王国を代表する航空会社で、世界各国に就航していて、日本にも成田空港以外にも関西、中部、福岡の各空港に就航しているので、タイ王国への観光旅行にはとても役に立っています。また、垂直尾翼にデザインされているタイ国際航空のマークも一度見たら忘れられないシンボルマークです。

スポンサード リンク

  

スポンサード リンク

  

タイ国際航空でタイ王国へ行こう!

タイ国際航空で行く東南アジアを代表する観光地のタイ王国は、ブーケット島に代表される世界に名だたるリゾート地や、花いっぱい、色々な遺跡、ショッピング、などが直ぐに思い浮かびますが、それ以外にも新鮮な果物いっぱいの国です。
日本では高級果物店に行かないと、手に入らないような木で完熟したマンゴー、マンゴスチン、とても悪臭がするけど一度食べたら病みつきになる、と言われるドリアン、バナナにしても生や煮て食べるものなど色々なバナナ、そのほかにも沢山の新鮮な果物が日本と比べると、とても安く手に入ります。
今までの旅行と違ってこのような果物を食べに行くという旅行も面白いですよ。費用も格安なら5万前後で行けますし(ただ、昨今の燃料高などで、変更になるときがあります)、果物を食べるだけでしたら、お小遣いもすくなくてすみます。
ただし、飲み水にだけは充分気をつけてください。我々が飲むと一辺に体調を崩してしまうことがありますので、水が飲みたくなったら、淡白な味のマンゴスチンを食べる事もいいですよ。
このようなタイ王国に旅行するのは、タイ国際航空が良いですよ。

タイ国際航の機内サービスはベストサービス

タイ国際航空の機内サービスは、さすが“ほほ笑みの国”だけあって、色々な旅の専門雑誌や、ビジネス雑誌などのアンケートではいつもの上位にランクされています。
タイ国際航空の客室時用務員は紫を基調とした衣装を身に付けてタイの伝統的な両手を合せる挨拶をして乗客を迎えてくれます。
機内食のメインは基本的には、タイ料理の代表的な鶏肉やブタ肉なとの料理が提供されますが、宗教的な理由で食べられない方には、特別食も用意されていますので、オーダーすれば、提供してもらえますから、安心ですね。
旅行雑誌などで、サービスに対して、機体のリニューアル等ではあまり評価がされていませんが、私が個人的に思っているには、尋ねようとする国の航空会社が色々な面でいいのかなと思い、そのようにしていました。
でも、いまでは各社がタイアップしていたり、マイレージポイントのこともあるので、一概にここが言い、とは言えなくなっています。
でも、タイ国内だけを移動するのであれば、タイ国際航空がいいと思います。

スポンサード リンク

  

Copyright © 2008 タイ国際航空でほほ笑みの国へ!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。